TopPage>インターネット回線の選び方>インターネットを利用するお住まいは、戸建てですか?集合住宅ですか?

インターネットを利用するお住まいは、戸建てですか?集合住宅ですか?

ご自宅でインターネットを利用するのがほとんどの人の場合、有線タイプのインターネット回線を選ぶのが基本ですが、お住まいの形態(一戸建て住宅、集合住宅、持ち家、賃貸)によって、選ぶことのできるインターネット回線が異なることがあります。

ここでは、自宅でインターネットを利用するのがメインの人のために、お住まいの形態別にインターネット回線の選び方をご紹介しています。


一戸建住宅のインターネット回線の選び方

持ち家で一戸建て住宅の人の場合は、ほとんどのインターネット回線から選ぶことができます。しかし、インターネット料金の節約をお考えなら、有線タイプの固定データ通信回線の光回線か、ADSL回線がお勧めです。

インターネット料金の節約を優先するなら、ADSL回線がお勧め

ADSL回線は、通信速度では、光回線に比べて遅いですが、インターネット上のホームページや、ニュースなどを普通に見るには十分な通信速度です。それに、インターネット料金は、光回線の約半分程度になりますので、インターネット料金の節約が一番重要と考えている人にとっては、お勧めのインターネット回線です。


ただし、NTT電話局からの距離が2Km以上ある場合は、光回線がお勧め

月額利用料金の安いADSL回線は魅力ですが、NTT電話局から自宅までの距離が2Km以上ある場合には、ADSL回線の場合には、通信速度が、数MBになってしまうため、いくら月額料金が安くても快適にインターネットを利用することが難しいので、その場合は、光回線のインターネット回線を契約するのがおすすめです。


通信速度を気にする人は、ADSL回線はお勧めしません

光回線に比べてADSL回線は、インターネット料金の節約にはなりますが、通信速度は、どうしても光回線にはかないません。動画などを快適に利用したい場合には、光回線のインターネット回線をお勧めします。


ADSL回線は終了?

KDDIは、2015年9月にADSL回線のサービスを終了しました。また、NTT東日本、NTT西日本も、新規の申し込みを2016年6月で終了すると発表がありましたので、ADSL回線は選べないと思われている人も多いかと思いますが、ヤフー(Yahoo)はまだ、ADSL回線の申し込みは継続していますし、NTT東日本、NTT西日本のADSL回線も新規の申し込みが2016年6月に終了することが発表されただけで、ADSL回線のサービス終了日は未発表で、現在のところ、ADSL回線は利用することができます。

ADSL回線は、光回線に比べて、月額利用額が低いので、企業としては、月額利用額が高い光回線に移行していきたいとの思惑があるので(企業としては当然だと思いますが)、ADSL回線の新規申し込みの終了が発表されたようです。

通信速度を有線するなら光回線のインターネット回線

料金はADSL回線に比べて少し高くなりますが、ストレスなくインターネット通信を利用したいなら、はやり光回線です。光回線の場合は、通信速度が1GB(ベストエフォート型)以上ですので、ADSL回線に比べて快適にインターネット通信を利用することができます。



インターネット回線の選び方メニューに戻るにはこちらです。


copyright©2011~2020 インターネット料金の節約 all rights reserved.

「インターネット料金の節約」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。