TopPage>インターネット回線の選び方>ケーブルテレビを利用している人のインターネット回線の選び方

ケーブルテレビを利用している人のインターネット回線の選び方

インターネット回線を探している人の中には、ケーブルテレビを利用している人もいらっしゃると思います。

また、戸建てを購入したので屋根にアンテナを立てたくないので、ケーブルテレビを契約しようと検討している人もいらっしゃると思います。

ケーブルテレビのインターネット回線は安くない

ケーブルテレビを利用していると、必ずといっていいくらいケーブルテレビからインターネット回線の勧誘案内があると思います。

私の家も、ケーブルテレビを利用していたので、数か月ごとに、ケーブルテレビからのインターネット回線のチラシや営業電話がありました。

ケーブルテレビのインターネット回線は、多くの場合、ADSL回線や光回線と比べると決して安くないので、注意が必要です。

ケーブルテレビのインターネット回線はなぜ安くないか?

大きな要因としては、契約数の絶対数が、ケーブルテレビの方が、少ないからです。インターネット回線は設備と維持に費用が掛かります。そのため、契約者数が少ないとその分、利用料金を安くすることが出来ないからです。


地上波デジタル放送は、ケーブルテレビ以外でも見られます

ケーブルテレビ以外でも、アンテナを設置せずに、地上波デジタル放送(テレビ)を見ることができる。

次のインターネット回線を契約することで、地上波デジタル放送(テレビ)を見ることができます。

NTTフレッツ
フレッツ・テレビ伝送サービスをオプション契約すると地上波デジタル放送と民放のBS放送を見ることができます。
ソフトバンク光
光コラボレーションモデルのソフトバンク光なら、テレビ視聴サービス(N)をオプション契約することでフレッツ・テレビ伝送サービスが同じように利用できます。
OCN光
OCN光も光コラボレーションモデルなので、テレビオプション伝送サービスをオプション契約することでフレッツ・テレビ伝送サービスが同じように利用できます。
so-net光
ソネット光も光コラボレーションモデルなので、コラボテレビ伝送サービスをオプション契約することでフレッツ・テレビ伝送サービスが同じように利用できます。


インターネット回線の選び方メニューに戻るにはこちらです。


copyright©2011~2020 インターネット料金の節約 all rights reserved.

「インターネット料金の節約」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。