TopPage>光回線>光回線の卸売りって何?

光回線の卸売りって何?

2015年春ごろから、光回線の卸売りという言葉がインターネットで話題になりました。

光回線の卸売りといっても、光ファイバーケーブルの販売のことではありませんよ。


光回線の卸売りとは、フレッツ光の企業向け光回線の転用利用

光回線の卸売りとは、NTT東日本・西日本の光ファイバーケーブル(光回線)を通信サービル事業者向けに有料にて利用出来るようにするサービスのことです。

光回線の卸売りは、光回線の転用とも呼ばれています。


光回線の卸売りとは、光ケーブル回線をまた貸ししてもいいですよということ

言葉としては語弊があるかもしれませんが、光回線の卸売りとは、NTT東日本と西日本が、特別な契約をした事業者なら、光回線をまた貸ししてもいいですよということなのです。

今までは、NTT東日本・西日本の提供しているフレッツ光の光回線を利用しようとするには、利用者は、NTT東日本(またはNTT西日本)と直接契約する必要がありました。しかし、今後は、光回線の卸売りを受けている通信サービス事業者と契約しても、NTT東日本・西日本がフレッツ光でしようしている光回線を利用することができるようになるということなのです。

光回線の卸売りについては、なんとなく変わったけど、光回線の転用が出来ると、インターネットを利用している私たちにとって、何が変わることがあるのでしょうか?


光回線の卸売り開始(転用)によって、利用者にとって何が変わるの?

今利用しているインターネット回線については、何も変わりません。

光の転用が出来るNTT東日本のフレッツ光を利用している人も、基本的には何も変化はありません。

しかし、今後、光回線の転用を利用した新しい光回線提供事業者が生まれることによって、インターネット料金の低下や、サービスの向上が期待できるようになります。


copyright©2011~2020 インターネット料金の節約 all rights reserved.

「インターネット料金の節約」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。