TopPage>インターネットの基礎知識>光電話(ひかり電話)って何?

光電話(ひかり電話)って何?

インターネット回線を契約する時に、光電話(ひかり電話)サービスを利用するかどうか聞かれます。

インターネット回線を契約しているのに、なんで電話サービスの選択が必要なの?と疑問に思う人もいらっしゃると思います。


光電話(ひかり電話)とは

光電話は、光ファイバーケーブル回線を利用した電話サービスのことです。

尚、ひかり電話とは、NTT東日本とNTT西日本の光回線のフレッツ光回線を利用したIP電話のことです。

尚、ひかり電話という名称は、NTT東日本と西日本の商品名です。

NTT東日本・西日本のひかり電話の他に、同じような光回線を利用したIP電話には、ソフトバンク光回線のホワイト光電話や、auひかり電話などがあります。

また、ひかり電話が有名なため、NTT東日本・西日本以外のインターネット光回線で提供されているIP電話のことを、ひかり電話と呼ばれることもあります。

昔、会社で、コピーのことを、ゼロックスと呼ぶ人がいたように、一番有名な商品名である光(ひかり)電話がその仕組みの名称として呼ばれるのと同じですね。

インターネット光回線を利用したIP電話については、こちらのページをご覧くださし。


光電話の特徴

電話番号は従来形式

ADSL回線などIP電話の場合は、電話番号が、050で始まる番号となりますが、光電話の場合は、従来の固定電話と同様に、市外局番から始まる電話番号となります。

光電話もADSL回線のIP電話も仕組みとしては、同じIP電話なのですが、光ファイバーケーブル回線を利用した光電話の場合は、通信が途中で途切れる可能性が低く安定した通話サービスが提供出来るということから、従来の固定電話サービスに変わる電話サービスと認められたことにより、従来の固定電話と同様に、市外局番から始まる電話番号で通話できるようになりました。

通話が安定している

光ファイバーケーブル回線を使用しているので、通信データが途中で損失したりすることも少なく、ADSL回線などに比べて通信速度も高速で安定しています。そのため、通話が途中で途絶えることが少ないと言った特徴があります。

緊急電話番号への通話が可能

ADSL回線などのIP電話では、緊急電話番号への通話が出来ないケースもありますが、光電話の場合は、110番、119番、118番の緊急電話番号への通話が可能です。

050の電話番号も別に設けることも出来る

光電話もIP電話の一つなので、従来の固定電話番号以外に、050からの電話番号を別に設けることもできます。


copyright©2011~2020 インターネット料金の節約 all rights reserved.

「インターネット料金の節約」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。