TopPage>インターネットの基礎知識>ホームページとWebサイトって違うの?

ホームページとWebサイトって違うの?

広告やテレビCMを見ていると、
よく「詳しくはホームページでとか、Webで」と書いてありますね。

インターネットが普及し始めたころは、
ほとんどが「詳しくは、ホームページをご覧ください」となっていましたが、
最近では、「詳しくはWebで」とか「詳しくはWebサイトをご覧ください」となっていますね。

多くの人が、ホームページとWebを同じ意味と思っていますが、実は違いがあるんです。

ホームページとWebサイトの違い

それでは、ホームページとWebサイトの違いが分かるように、それぞれについてご説明しますね。

Webサイトとは

まずは、理解しやすいように、Webサイトからご説明しますね。

Webサイトの言葉を分解すると、Web(ウェブ)とSite(サイト)になります。

Web(ウェブ)
インターネットで皆さんが見ているページを提供している機能の事をWeb(ウェブ)を呼びます。(専門的にはちょっと違うのでが、インターネットを利用する人にとっては、このように理解すると分かりやすいと思います。)
Webページ
インターネットで表示されている画面のことをさします。
WebSite(ウェブサイト)
Site(サイト)という言葉は、敷地とか設置場所、用地、基地などという意味があります。
インターネットでは、ある情報を提供しているWebページの一まとまりのことを、Webサイトと呼びます。
たとえば、今見ている「ホームページとWebサイトって違うの?」はWebページで、「インターネット料金の節約」はWebサイトということです。

ホームページとは

ホームページは、英語でHomePageとなります。Homeには、自分常にいる場所(自分の中心となる場所)という意味があります。

インターネットでは、ホームページは、次の二つの意味で使用されています。

ブラウザの初期画面
インターネットを閲覧するブラウザを開いた時に表示されるインターネットのページのことをホームページと呼びます。
そのWebサイトのトップページ
Webサイトにとってトップページは、そのWebサイトの中心となるので、ホームページとかホームとかと呼ばれます。

最近ではホームページという言葉は少なくなった

インターネットが普及し始めた時には、ホームページという言葉は非常に多く使われていました。ホームページ=インターネットというようなちょっと間違った使い方も当時は非常に多かったですね。

インターネットは、新しい仕組みとサービスだったので、ちゃんと理解する前に、名称だけが独り歩きしてしまった感じが、今となってはありますね。

最近では、以前に比べるとホームページという言葉は使われなくなりました。それは、以前は、個別のWebページでも、ホームページだという意味で誤って使われていたケースが減ってきたからだと思いますね。


copyright©2011~2020 インターネット料金の節約 all rights reserved.

「インターネット料金の節約」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。