TopPage>インターネットの基礎知識>光回線

光回線

現在、インターネット回線の主流となっているのが、この光回線です。

インテーネット接続でよく光回線とよばれるのは、あくまでも通称で、光ファイバーケーブルを使用した光通信回線のことです。

レーザー光を使った光通信回線なので、一般的に、通称で光回線と呼ばれています。

光回線の特徴

光回線のメリット

通信速度が速い

通信に電気信号や、電波を使用するのではなく、光通信を使用しているので、他のインターネット回線に比べて非常に高速に通信出来るのが特徴です。

最近では、インターネットで映画やテレビなども配信されるようになりました。インターネットで映画やテレビなどの動画は、非常に大きなデータを送受信する必要があります。そのため、インターネット回線の通信速度が遅いと、コマ落ちと言われるような映像がガタガタと抜ける現状や、音声と映像がずれるなどの現象が発生します。その点で、光回線の通信速度は、非常に高速なので、快適に動画を見ることができます。

通信距離が長くても、通信速度が低下しにくい

有線回線のADSL回線では、電話局からの距離が遠くなるほど、通信速度が急激に低下します。また、無線回線のLTE回線なども、無線基地からの距離が長くなると通信速度が低下します。その点、光回線は、光通信の損失を少なくするために、光ファイバーケーブルを使用しているので、通信距離が長くなっても、急激に通信速度が低下するようなことが少ないのが特徴です。

電波や電気などのノイズの影響を受けにくい

ADSL回線や、無線回線の場合は、どうしても、電波や電気などのノイズの影響を受けやすく、電気信号や、電波が減衰する(減少する)ため、通信速度が低下するというデメリットがあります。この点でも、光回線は、光通信のため、電気や電波の影響を受けにくいため、通信速度の低下することが少ないと言われています。

通信量の制限が無い

有線回線のため、無線回線のような月の使用容量の制限がありませんので、使用頻度や使用回数を気にする必要がありません。


光回線のデメリット

光ファイバーケーブル回線を引き込む必要がある

光回線を利用するには、どうしても、住戸に光ファイバーケーブル回線を引き込む必要があります。

最近では、賃貸マンション・アパートや分譲マンションの一部では、既に住戸まで光ファイバーケーブル回線が引き込まれている場合もありますが、基本的には、使用する住戸まで回線を引き込む工事が必要になります。引き込み工事のために、工事作業員が住戸内に入るので、どうしても、契約者の立会が必要になります。女性の一人住まいなどはちょっと敬遠される人もいらっしゃるかもしれませんね。

料金が高い

ADSL回線と比べて、どうしても、通信料金が高くなるというデメリットがあります。


インターネット回線の種類のページに戻る


copyright©2011~2020 インターネット料金の節約 all rights reserved.

「インターネット料金の節約」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。